目立つキャッチコピー

広告 キャッチコピーというのは広告の顔にもなる存在です。
インパクトのある広告の中には、キャッチコピーの部分だけで大きな枠をとっているとこ
ろもあるくらいです。
表一面にキャッチコピーと画像が掲載されているだけというのも珍しくはありません。
それだけ文章の中で一番必要となるものだと言えるわけです。

ポスターなどを見て貰うと分かるかと思いますが、8割がた画像とキャッチコピーだけで
占められているというものも多々あります。
そのほうがよりインパクトがあるからですよね。
細かいことを書いてみて貰うのはキャッチコピーを見て気になった場合などが大半だった
りもしますから、この手法もあながち間違いではないと言えるでしょう。

まずは目をひくことに重点を置くのも悪くないと思います。
ですから広告 キャッチコピー次第とも言えるわけです。
そこが相手に響かなかったり伝わらなかったら、そもそも見て貰えないことも多いわけで
すから非常に大事な要素になってくるのです。

わかりやすく興味をひくような内容を考えて、売上のあがるチラシを作るたいですよね。
まずはキャッチコピーを考えて、どんなデザインだったら良いのかを考えてみるというの
も面白いと思いますよ。

想像を膨らまさせるようなものを

広告 キャッチコピーは大事な要素であることは間違いありません。
おおよそデザインする場合にキャッチコピーとなる部分は、かなり目立つようにデザイン
されますから一番最初に目に飛び込む文章といっても過言ではありません。

ですからものの数秒で判断する広告などではかなり重要な役割を担っているのです。
目をひく写真やイラストも重要ですが、写真だけ、イラストだけというのではどういった
ものなのか判断出来ません。
ですから文章を使ってイメージを具体的に持たせてあげることが大事になります。

百聞は一見にしかずという言葉がありますが、広告の場合は写真は掲載出来ても実際の商
品をさわったり、体験したりなどは出来ません。
ですからなるべくリアリティーが伝わる文章が必要になるのです。

ただし広告 キャッチコピーは商品名であったり、具体的な性能などを語るようなもので
はありません。
想像を膨らませられるようなものでなければならないのです。
想像が膨らまないものでは、その人に印象を残すことも出来ないからです。

商品名で値段がいくらというだけの記載では、もともとその商品を知っていて欲しいと思
っていたような人くらいしか興味を持ってくれないのです。
それでは広告の効果はかなり薄くなってしまいますよね。

装飾もしてみよう

広告 キャッチコピーというのは凄い物になると流行語などに選ばれるようなこともあり
ますよね。
それだけ人に与える印象というのは大きいものがあるということです。

短い言葉にいろいろな意味を含めたり、その言葉だけで商品をイメージ出来たりします。
広告というのは一瞬が勝負ですから、短い言葉というのが非常に大事になります。
テレビCMにしてもチラシにしても見て貰えるのはほんの一瞬だと思います。

チラシの場合は一瞬で勝ち残ることが出来れば、その後もチラシを見てくれるというメリ
ットがありますが、その反面CMとは違って音では聞くことが出来ませんので、文章力が
非常に求められることになります。

CMの場合は音楽やイントネーションなど付加要素がつけられるために、心に響かせるこ
とが言葉以外でも使えたりします。

チラシの場合は文章だけで勝負するのでなかなか大変かもしれませんね。
ただし、文字に装飾をつけたりなどデザインも付加することが出来ます。

キャッチコピーがまったく目立たないデザインでは意味がありませんから、そういった装
飾も大事になってきます。
広告 キャッチコピーは装飾もこだわってみることで、初めに目に飛び込んでくるように
もすることが出来ます。

キャッチコピー以外の要素

代表するような名せりふなどは、流行語大賞などにノミネートされるなど短い言葉でも、
多くの人に共感を持って貰えるものです。
広告 キャッチコピーというのも短い言葉で作りますが、短い文章の中に多くの人に共感
を呼ぶような言葉を生み出すことで、反応も大きく異なってきます。

ですから広告 キャッチコピーというのは重要になってくるわけですね。
もちろんキャッチコピーが優れていても必ずしも成功するとは限りません。
キャッチコピーというのはあくまでも目を通してくれる入口に過ぎないからです。

最終的に購入しようと決断するには、いろいろなことを考えますから、キャッチコピーだ
けで売れるとは必ずしも言えません。
金額的な要素などもありますし、購入して自分はその商品をどう使えうのかということを
想像してみて、その想像した自分の姿に憧れるなどの欲しいと思える要素が必要なのです。

ですから金額は当然安い方が良いですし、使っている自分を想像させるには、どういった
シーンで使えるものなのかを提案することも、購買意欲を湧かせるには良い方法だと思い
ます。

まずはキャッチコピーだけでなく、他の要素も見直してみることで売上増につながるかも
しれませんよ。

商品にもキャッチコピー

どんなものであれ物を売る時というのはキャッチコピーは大事になります。
ですから当然ですが、広告 キャッチコピーというのも重要なものになるわけです。

多くの企業では商品のパッケージなどにはキャッチコピーが使われていますよね。
パッケージというのは商品の顔ですから、当然手に取って見る場合にはパッケージのキャ
ッチコピーが一番最初に目につくようになっています。
中には商品名が有名すぎるために、あえて商品名を全面に押し出したパッケージなどもあ
りますが、それは多くの方に商品名が認知されてる結果ということになるでしょう。

どんな魅力ある商品なのかを簡潔に表現するのがキャッチコピーです。
ほんの一瞬で買うのか買わないのか判断されるときに、重要な役割をはたすわけです。
多くの商品の中から選択されるためには、こういったこともきちんと考えることが重要だ
からですね。

例えばお菓子ひとつ買うにしても、多くの中から選択するときにパッケージを見ますよね。
でも、多くの商品がありますから、一瞬で選択をしていると思います。
そのときのパッケージのデザイン、写真などで取捨選択をしてキャッチコピーを参考にし
ながらどれを買うのか選択しているのではないでしょうか。

もちろん決まったものが最初からあるのであれば別ですけどね。
広告 キャッチコピーも同じように取捨選択される中で重要になってくるのです。

キャッチコピーとシンプルなデザイン

広告 キャッチコピーの出来が明暗を分けることがあります。
ただ単に商品を掲載しただけの広告ときちんと練りに練ったキャッチコピーが入った広告
では、後者のほうが断然売れ行きも違ってきます。

広告 キャッチコピーの出来が良ければ、下手をするとデザインは二の次でも問題ないと
まで言えます。
もちろんキャッチコピーがまったく目立たないなどでは駄目ですが、目が行くキャッチコ
ピーであればあるほど、デザインはシンプルなほうが良いと思います。

シンプルなデザインに、キャッチコピーが映えるようなものになれば良いのです。
あまりごちゃごちゃしたものよりも、シンプルなもののほうが見やすいということもあり
ますのでキャッチコピーの出来が良いと感じたら、広告はシンプルにしましょう。

一番にキャッチコピーが目に入ってくるような状態を作ればいいのです。
キャッチコピーを作るために、専門家に依頼して相当なお金をかけるというところもあります。
それだけ売れ行きに大きく関わってくることなのです。

短い文章にどれだけの意味合いを持たせることが出来るのか。
またフレーズが心地良いのかなども大事になってきます。
是非、キャッチコピーに力を入れてみてください。

競合店との比較

広告 キャッチコピーがなければ目をひくことが出来ません。
もちろん目をひくために広告だけじゃなく商品などのパッケージなどにもキャッチコピー
は使われていたりもします。
お店の中にも商品を紹介するPOPなどでもキャッチコピーを使っているところもあります。

もし、同じような商品が並んでいたとして、その中にキャッチコピー入りの商品であると
か、POPなどで訴求してある場合に、値段が変わらない、同じなどであればどうしても
キャッチコピーがある商品を選択するのではないでしょうか。

広告 キャッチコピーは他の広告と比べられたときにも重要になってきます。
もちろんチラシなどで同じ新聞に競合店のチラシが入っているという業界は少ないかもし
れません。
スーパーであったり電器屋さんなどは、かぶったりしますよね。

どちらが先にみられるのかという部分になると、先に手に取った方ということにはなりま
すが、当然競合のチラシが入っていれば人は比較したくなりますから、比較しながら見ま
すよね。
その時により印象に残りやすいのはキャッチコピーを使っているほうと言うことにもなり
ます。
値段に違いがないとなったら、選択されるのは印象が強い方ですよね。

もちろんお店などの距離も関係しますが、競合店ですからちょっとの差くらいしかないと
思います。

「何だろう?」と思わせること

広告 キャッチコピーが大事だと言われますが、どうしてなのでしょうか。
それは多くの人が1日に目にする広告というのがあまりにも多いことから、情報の取捨選択
を当たり前に行っているからです。
それもこの選択するスピードはものの数秒で行っていますから、その中でもっとも興味を
ひくための文章である広告 キャッチコピーは非常に重要度が高いのです。

広告に限らずもの凄い情報で溢れている世界です。
新聞、ニュース、ネットなどいろいろ見て回っていたら、あっという間に時間が過ぎてし
まいますから、選択の連続を日常的に行っているのです。

その中で広告だと分かっているのに目を通しても良いと判断するためには、気になるよう
なキャッチコピーにすることが必要かもしれません。
人は気になるもの「何だろう?」と思うものには興味がわきます。
「何だろう?」と思わせることが出来れば取捨選択で勝ち残ることが出来るのです。

取捨選択で勝ち残って初めて宣伝としてお金をかけて作った価値が出てきます。
勝ち残ることが出来なければ、ものの数秒で捨てられる存在になってしまうのです。
1枚あたりは数円から数十円で作られているチラシなどでも、多くの人が一瞬で捨ててしま
えば、大きな損失でもありますよね。
だからキャッチコピーは大事なのです。

時代と共感されることが大事

広告 キャッチコピーというのは非常に大事な要素です。
何故キャッチコピーが大事なのかというと、キャッチコピーひとつでイメージがまったく
変わってしまうこともあるからです。
本当に凄いキャッチコピーを考える人と言うのは、それだけでご飯を食べていけるほどの
金額になりますから、かなり考え込んで作られているのです。

そして、それが元で爆発的なヒットになることもありますから重要なのです。
爆発的ヒットになる要因は時代にマッチしていることも大事ですが、多くの人に共感を憶
えさせるものでなければなりません。

最近の流行語として「いつやるの?」「今でしょ」という言葉がありますが、今やるべき
ことをやらないといけないというのは、誰もが潜在的に思っていることでもあります。
ですから多くの人から共感を貰えるわけですね。

もちろん、最近はこの言葉をそっくりそのまま使っているものも多数みかけますが、それ
だけ多くの人が今にマッチしていると思っているのかもしれません。
今やらないと日本経済の復活は無いなど、今こそ必要だと思われていることが多いという
ことでもあるのでしょうね。

広告 キャッチコピーで、もちろんそのままパクルのはあまり良くないと思いますが、時
代に合わせることも重要ですね。

第一のハードル

広告 キャッチコピーがつきものですよね。
この広告は何を言おうとしているのだろうか。
キャッチコピーの出来、不出来で広告の効果がまったく違ってくるといっても過言ではあ
りません。

基本的には最初に目に入ってくるのが広告 キャッチコピーになりますから、そこで見る
か見ないかの判断が行われるわけです。
広告は見て貰えなければ意味がありませんから、一番最初のハードルをクリアするために
も必要な要素になってくるのです。

例えばネットでの広告であっても、最初に目に入ってくるのはキャッチコピーの文章です。
もちろんバナーなどの画像の場合もありますが、基本的にはバナーにも文言が入っていま
すよね。
それが見てみたいと思わせるものでなければ、クリックしてくれません。
今はネットには広告も溢れていますから、どれだけクリック先を見てみたいのかを決める
のはキャッチコピーということになるのです。

もちろん、クリックされた先のページが興味がないものであったり、あまりページに魅力
がなければいくらキャッチコピーが良くても売れません。
ですから、キャッチコピーは最初のハードルをクリアするものであり、その後のコンテン
ツが次のハードルになってくるわけです。